執着気質の方は心の病気になりやすい?【考え方を変える事】

サイトメニュー

精神疾患に罹りやすい性質

医者と看護師

真面目で責任感が強い

うつ病や双極性障害などの精神疾患は、年齢を問わず誰でも罹る可能性がありますが、性格的に罹りやすい人も存在します。執着気質は真面目で責任感が強く、完璧主義な性質を持っています。仕事や学業などに熱心な人が多いため、学校や職場でも信頼されている人が多いです。完璧主義なので、評価を受けても満足出来なかったり、十分に成果が出せなかったりする場合は、精神的なストレスや不満などを溜めこみやすい傾向があります。うつ病は疲労やストレス、環境の変化などが原因で発症しやすい傾向があります。うつ病に罹ると、憂鬱な気分が3週間以上続いたり、気力や意欲が低下して見だしなみに乱れが出てきたり、仕事や家事で失敗をしやすくなります。気になる症状が見られる場合は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診して、問診やカウンセリングを受けることが大事です。執着気質の人は頑張りすぎる傾向があるため、肉体や精神の疲労に気付きにくいなどの特徴があります。同居している家族に変化が見られたら、早めに受診させることが大事です。20代から、50代ぐらいの働き盛りの年齢の人は、結婚や出産、転職などで環境が変わりやすく、精神的なストレスを感じやすい傾向があります。執着気質の人は仕事や学業に、真面目に取り組む人が多いため、周囲からも信頼されている人が多いです。職場や家庭でも息抜きをするのが苦手な傾向があるため、休日は趣味や娯楽を楽しむことも大事です。執着気質の人は完璧主義なので、自己評価が低く、ある程度の成果を上げても満足できないこともあります。仕事で帰宅が遅くなりがちな人や、進学校に通っており、学業や塾などで忙しい人は、精神的な疲労を感じやすい傾向があります。うつ病や双極性障害などの精神疾患の疑いがある場合は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診することが大事です。予約制の病院やクリニックが多いので、事前に電話やインターネットから予約を入れておくと良いでしょう。精神疾患の治療には、健康保険が適用されるので、健康保険証を必ず持参して下さい。完全個室で診察が受けられるので、プライバシーは厳守してくれます。

Copyright© 2019 執着気質の方は心の病気になりやすい?【考え方を変える事】 All Rights Reserved.