執着気質の方は心の病気になりやすい?【考え方を変える事】

サイトメニュー

感情にとらわれる性格

医者

ストレスが溢れると病気に

大うつ病になりやすい人には、いくつかの特徴があり、その一つが執着気質です。執着気質とは、一旦頭に浮かんだ感情が長く続いて増強するという気質です。強い責任感を持ち、熱心に仕事に取り組み、他人からは几帳面で凝り性、正直な人と見られます。途中で投げ出せない頑固な性格なので、ストレスが溜まりやすい傾向にあります。ストレスが溜まりに溜まると爆発してしまい、周囲の人を困らせてしまう可能性や、大うつ病を発症する可能性があるため、注意が必要です。考え方がいつも以上に被害的かつ攻撃的になっているなと感じたり、飲酒量が増えたり、だらしなくなったりした場合、ストレス軽減に努めることが大切です。ストレスは自分で気付かないうちに溜まっていることもあります。短期間に連続して大きな出来事が起こったとき、それが良い出来事だったとしてもストレスは増強されます。ストレス解消には適度な運動や趣味を楽しむなど、色々な方法があるでしょうが、自分だけでは解消できない事柄もあるでしょう。そういう場合は周囲に協力を仰ぐなどして、自分を追い詰めないようにしてください。執着気質の人はストレスが溜まりに溜まると、身体面では倦怠感や体の凝り、胃腸の不調などが出てきやすいです。小まめにストレスを和らげることが大切ですが、精神的にも疲れているなと感じたら、専門家に相談してみるのも一つの方法です。執着気質というだけでは病気になりませんが、大うつ病などを発症している可能性があります。大うつ病などの精神障害を治療するのは精神科医ですから、精神的な問題を抱えている場合に受診するのは精神科が基本です。しかし、精神よりも身体的な不調を強く感じている場合は、心療内科を受診するのが自然な流れと言えます。心療内科医の多くは大うつ病の知識を持っているため、不調の原因が身体的なものなのか精神的なものなのかしっかりと考えてくれるでしょう。いずれにしても、医療機関を受診する際は、予約を入れてからが安心です。ありとあらゆることが診断のヒントになるので、通常とは違う症状やストレスの原因として考えられることなどを問診で伝えられるように準備していくと良いです。受診前に自分の生活を振り返り、メモにまとめていくといいかもしれません。

Copyright© 2019 執着気質の方は心の病気になりやすい?【考え方を変える事】 All Rights Reserved.