執着気質の方は心の病気になりやすい?【考え方を変える事】

サイトメニュー

こだわりも時に負担になる

男性

気になるなら病院へ

強いこだわりがある人は、それが精神的な負担になることがあります。執着気質の持ち主は印象や体裁を気にしやすく、思った通りにならないとひどく落ち込むことが特徴です。仕事以外でも日常生活に特徴が表れることもあり、これが病的になると同じことを繰り返す強迫性障害となることもあります。病院や診療所でカウンセリングを受けると執着気質が和らぐことがあるので、気にしすぎる性格を直したいなら、通院を考えてみましょう。通院時の費用は、行く病院や使用する交通機関、有料駐車場の有無などが基準になります。事前調査ができるのであれば、出かける前に計算しておくといいでしょう。一方、カウンセリングの費用は状況によって変わります。初診の場合は費用にカウンセリング代が入っていることがあり、カウンセリングのみの費用と異なる場合があります。病院で確認するか、ホームページがあればそれを見るかして、両方とも見ておきましょう。また、カウンセリングのみの場合は保険が適用されないことも覚えておきましょう。執着気質の人は、物事に強いこだわりを持っています。こだわるために細かいところにも気が回りやすく、仕事で大きな成果を出すこともあります。このこだわりが強いため、少しでも結果に不満があると途端に落ち込むことも特徴です。真面目な人や人目を気にする人、完璧主義な人がこの気質になりやすいです。また、人との協調性を重んじる人も、仲違いが起きた時などにこの気質が表れることがあります。強みとなり得る執着気質ですが、度を超えると精神的な負担になります。強く出過ぎると、こだわりが崩れる場面で気疲れを起こし、ゆくゆくうつ病といった精神症状にかかることがあります。落ち込み方が大きいため、症状もひどくなりやすいです。しかし、物事が理想通りに進んでいる時は好調で気分もよく、落ち込む様子はあまりありません。メンタルケアを入念に行えば、自分の長所として十分に活かせます。活かせば頼もしい執着気質ですが、行きすぎると負担になることも考え、うまく付き合って行く必要がありそうです。

Copyright© 2019 執着気質の方は心の病気になりやすい?【考え方を変える事】 All Rights Reserved.