執着気質の方は心の病気になりやすい?【考え方を変える事】

サイトメニュー

感情にとらわれる性格

医者

執着気質の人は浮かび上がった感情が尾を引き、増強する傾向にあります。責任感が強く仕事熱心、几帳面なので周囲から信頼を置かれますが、ストレスが溜まりやすいのが難点です。悪化するとうつ病を発症する可能性が高いので、注意が必要です。

詳しく見る

自分にあった方法が大切

悩む男性

執着気質の原因は、ほとんどが幼少時代のトラウマや生育歴に由来することが多く、治療にあたっては家族や周りの人の理解と支援が、何よりも必要です。もしも自分で苦痛を感じていない場合は、結局は無理をして治療を強行する必要もないのかもしれません。

詳しく見る

精神疾患に罹りやすい性質

医者と看護師

執着気質の人は、真面目で責任感が強く、完璧主義な人が多いため、精神的な疲労を感じやすい傾向があります。うつ病や双極性障害などの精神疾患に罹る可能性があるため、気になる症状が見られる場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診して下さい。

詳しく見る

現代人が悩まされている病

診察

心療内科を受診するタイプには、執着気質の人が多いと言われています。真面目に仕事に取り組み、周囲に気を配り、無理をしてダウンするまで頑張り続けるタイプです。それぞれの特徴を知って適切な治療を施すことが、現代人の心の病の治療に不可欠と言えます。

詳しく見る

こだわりも時に負担になる

男性

執着気質は強いこだわりを持つ性質のことで、真面目な人や完璧主義な人がなりやすいです。こだわりが優れた成果につながることがありますが、強く出過ぎるとうつ病などの原因になるため、メンタルケアを入念に行いうまく付き合っていきましょう。

詳しく見る

やる気の出しすぎに注意

ハート

リラックスできない人たち

うつ病は発症すると常に元気がなくなり、何もやる気が起きなくなる心の病だと考えられていましたが、うつ病の定義も現在では大きく変化しています。一つの物事に夢中になってしまう執着気質の方々は、普段は元気があるように見えるのに、突然にうつ状態になってしまう例がある事が研究で分かりました。執着気質な性格をしている方々が、心の病を発症するリスクを抱えているという点が注目されるようになり、うつ病を発症する前に治療を始める人も増えています。友達と会話を楽しんでいる時は元気があるのに、一緒にゲームで対戦している時は勝利に執着するようになり、性格が変わってしまう人も注意が必要です。望んでいた結果が得られなかった時にイライラしたり、精神的なダメージを受けたりする事によって、うつ病などの病気を発症するリスクが高まってしまいます。強い正義感を持っている方々も、他人の悪意の無い発言でもイライラしやすくなって、心の病を発症する事があります。執着気質を改善するために医師に相談する事も可能ですから、まだ心の病を発症していないのに、心療内科に足を運ぶのはおかしいと考えないでください。会社では仕事を一生懸命に頑張っているのに、仕事が終わった途端に何もやる気が起きなくなり、無気力状態のまま帰宅しているサラリーマンやOLは多いですそれは執着気質が原因で心の病を発症しているためで、凝り性で几帳面な性格をしている人ほど、仕事に全力になってしまいます。全力で仕事をこなしているうちに、脳内物質のバランスが崩れてしまって、仕事が終わる頃には気分が落ち込んだり、何も楽しめない状態になっていたりする可能性もあります。仕事で結果を出す事に執着している人は、執着気質が原因で心が病んでしまうかもしれないと考えて、仕事に力を入れすぎないよう注意してください。心療内科などの医療機関に相談をすれば、自身が執着気質になってしまった原因に気付けて、仕事もプライベートも楽しめるようになります。会社で結果を出す事に爽快感を覚えて、他人に褒められたくて仕事を頑張りすぎてしまう人も、医師に相談しているうちに考え方を変える事が可能です。プライベートの時間を楽しんだり、気分をリフレッシュしたりする事の大切さを学ぶだけで、執着気質が改善される事もあります。

Copyright© 2019 執着気質の方は心の病気になりやすい?【考え方を変える事】 All Rights Reserved.